トップページ | 総合建築業

建築事業

建築事業

あらゆる分野の建築を手がける「総合力」で地域に実績

 
ナルセコーポレーションの建築部は、愛知県下を中心に公共施設から民間の建物まで、新築・増改築・耐震補強など幅広い分野の建築施工に携わっています。
手がける建物の種類も多岐にわたります。文化施設、学校、事務所ビルや工場などの業務施設、商業施設、集合住宅…。平成11年(1999年)にオープンした安城市レジャープール マーメイドパレスや地域の複合施設など、市民の皆様に親しまれている建物の施工にも多く携わってきました。鉄筋コンクリート造の大きな勾配屋根や大空間建築のように高い技術力を要する工事や工程管理の難しい工事でも、豊富な経験を有しています。あらゆるニーズに対応する総合力と、建設業登録してから約70年積み重ねてきた実績の下、発注者の皆様から高い評価を頂戴してきました。

私たちゼネコンの役割は、個々の施工作業を担う協力会社を率いつつ、設計者が描いた図面を具体的な建物として確実に実現すること。その過程では工程、品質、安全、コストの管理が重要となります。さらに最近は、工事や搬送に伴うCO2の削減や騒音をはじめとする近隣対策などの環境管理も欠かせません。
私たちは日々の作業を通してこれらの管理を徹底し、建物の品質と出来栄えの向上を図っています。公共事業では工事ごとに採点される「工事成績評定」、民間工事では工事後に行うお客様アンケートによる客観的な評価も踏まえて、工事に関する情報を社内で共有。過去の実績に甘んじることなく日常的に業務を改善しながら、顧客満足度の向上に努めます。

「先」を読んで準備する

建築工事は、私たちゼネコンの統括の下で多くの協力会社が作業を分担して進めていきます。それぞれの作業について深く細かいノウハウを持つ協力会社に対し、ゼネコンの現場監督は全体を広く見ながら工事をコントロールしていくのが役目です。多くの協力会社が備えている力をいかに引き出し、工事の品質を高めていくかに我々の手腕が問われています。
設計者から提示された図面を読み解き、鉄骨やコンクリートなどの必要な資材を調達し、適切な工事をするために必要な協力会社・職人や工場を手配する。敷地や周辺環境に応じて合理的な施工方法を考え、竣工時期を見据えて工程を組む。コンクリートを打設する場合には、気温や湿度に合わせて生コンクリートの調合を指示し、打ち込みの進行に応じて生コン車の到着時間を生コン工場に連絡する。会社と現場監督自身がもつ知見とノウハウを駆使しながら、適切な施工ができるようコントロールしていきます。

建築部部長 芳賀竜也
建築部部長 芳賀竜也

最近の夏季工事では暑さ対策も欠かせません。大きな現場では工事事務所の建物に散水して職人が少しでも体を休められるようにするといった工夫も大切です。コストは高くなっても、それ以上に職人たちの効率が高まります。
これらすべての作業を担う現場監督に求められるのは、「先を読む力」です。竣工までの工程を先読みし、起こりうる様々な出来事に対処できるよう準備しておく。設計者から渡された図面もそのまま鵜呑みせず、漏れや間違いはないか、きちんと施工できるかをチェックする。何カ月も先まで視野に入れる一方で、不測の事態が生じたら臨機応変に対処する必要があります。万全の準備をしても生じてしまう失敗は、社内で共有することが大切です。建築部では工事が終了するたびに担当者が現場での改善・工夫点を社内で報告し、全員で意見交換する機会を設けています。
私たち現場監督にとって、ちょっとした気配りや工夫によって工事が円滑に進んだり、お客様に喜ばれたりすることが次へのエネルギーへと結びつくもの。段取りがうまくいって美しく出来上がった屋根下地を見た瞬間などは大きな充足感で満たされるのです。

関係者全員の力を結集し、良い建築づくりに邁進します。

土木事業

建築事業

愛知県下の公共事業でトップクラスの評価

 
道路や河川事業、上下水道、土地造成や橋梁の工事…。ナルセコーポレーションの土木部は、安城市をはじめ愛知県内の官公庁から請け負う業務を中心に、街のインフラ整備に携わっています。県道45号線のJR東海道線との立体交差(県道安城碧南線大東町立体交差)や、JR安城駅前デッキの耐震補強など、ナルセコーポレーションが手がけた仕事は地域のあちこちで身近に接していただくことができます。下水道のように完成すれば見えなくなる工事も少なくありませんが、地域の生活と産業を支える施設をつくっている誇りを持って業務に勤しんでいます。

私たちの行う徹底した品質管理と、合理的な施工や周辺環境への配慮を踏まえた施工提案は、公共工事の「工事成績評定」でも常に高い評価を得てきました。安城市では、市が発注する工事で85点以上(100点満点)を得たものを優良工事として表彰しています。平成20年度から27年度にかけて表彰された27件の土木工事を見ると、このうち7件がナルセコーポレーションの担当事例です。
ナルセコーポレーションは、愛知県や安城市と防災協定を結んでいます。防災協定は、地域の建設会社が管轄する道路について非常時の対応を分担するというものです。具体的には、①大地震などの激甚災害発生時における緊急対応、②交通事故や暴風・大雨などで破損した道路やガードレール、街灯、街路樹などを補修する道路緊急維持修繕、③市内2カ所のアンダーパスのポンプや水位感知センサーなどの日常点検と冠水時の対応、④凍結や積雪に対応して道路に凍結防止剤を散布する雪氷対応、を行います。ナルセコーポレーションは24時間体制を組み、地域のインフラを保全する役割も担っています。

100年の蓄積をベースに、責任感と誇りをもつ

ゼネコンにとって品質管理は最も重要な作業の1つです。私たちは、発注者の仕様書に基づいた品質管理を徹底してきました。例えば、土木工事でよく使うコンクリートやアスファルトの管理。材料は主に優良な工場で製造された品質の高いものを用いますが、現場への搬入や施工の過程でも品質を保持しなければ本来の強度や外観を確保できません。現場の条件や温度・湿度の状況が工事ごとに異なるなか、現場の技術者はそれぞれの現場の特性を把握しながら適切に施工できるよう事前計画を立てて確実に遂行します。
なお、発注者からの指示通りにつくれば良いというものではありません。発注者の要望に素早く対応していくと同時に、いかに一歩先を踏まえた提案をするかがゼネコンの腕の見せどころ。施工性の向上や工期の短縮、周辺に建つ民家への影響を低く抑える工夫など、私たちの経験とノウハウを生かしながらより適切に施工するための提案を積極的に行っています。その過程では、発注者との円滑なコミュニケーションは欠かせません。

土木部長 坂本隆英
土木部長 坂本隆英

技術は日進月歩しており、私たち自身、たゆまぬ技術改良が求められます。土木部ではこれまで各種の現場管理用ソフトを導入し、測量から工程や出来高の管理、工事写真の整理と管理などに活用してきました。3次元データを用いて現場の位置出しを素早く正確に行うことで、より精緻な施工計画の作成に努めています。社外から講師を招いた社内講習会を定期的に開くなど、現場監督のスキルアップにも注力しています。
こうした取り組みに加え、土木事業部内でのコミュニケーションも重視しています。部内で何でも話し合える関係をつくることが、技術の共有と個々の社員のモチベーション向上につながるからです。
ナルセコーポレーションが発注者や地域の皆様からいただく信頼は、これまで100年間を通して私たちの先輩が築いてきた大切な資産。私たちは、与えられた業務に対する責任感とプライドを持って日々研鑽しています。
 

責任感と誇りを持って、地域のインフラを支え続けます。