ページトップへ
心地良く健康な住まい

香りの家づくり

心地良く健康な住まい

「健康に過ごせる家づくりは、
家族の幸せの原点です。

家族にとって幸せの第一歩は、日々を健康に過ごすこと。そして毎日の暮らしを営む場となる家は、健康に大きな影響を与えます。

例えばシックハウスは、人工的な建材や室内の家具の発する揮発性有機化合物(VOC)がもたらします。断熱性が低い建物は、部屋間の温度差によって血圧などが急変するヒートショックを引き起こします。湿気の多い環境はカビやダニが発生しやすく、アレルギーの原因にもなります。

こうした状況を防ぐには、家づくりに用いる材料を吟味し、温度や湿度を適切にコントロールしていく作業が欠かせません。ナルセコーポレーションは、現代生活に求められる建物性能を確保すると同時に、かつては当たり前にあった自然素材や手業の良さを継承しながら、健康に暮らしていただく家のご提供を目指しています。

 

健康に過ごせる家づくりは、 家族の幸せの原点です。

家族にとって幸せの第一歩は、日々を健康に過ごすこと   リビング

 

見えないところまで本物だから
「空気」の質が違います

ナルセは人工的な新建材は使わずに、無垢の木や自然素材による家づくりを徹底してきました。

柱や梁をはじめとする構造材やフローリングには、スギやヒノキ、マツといった国産の無垢材。押入れの内部にも無垢のスギを用いるなど、隠れている場所まで本物の木材にこだわります。壁にはビニールクロスを使わず、漆喰などの塗り壁や自然素材を用いた壁紙を標準仕様としています。

世の中には、表面だけに自然素材を使った木の家もたくさんあります。見た目だけでは、そうした家との違いは分からないかもしれません。なのになぜ、私たちはここまでこだわっているのでしょうか。

それは、家に入った瞬間に感じる「空気の質」がはっきりと違うから。アレルギー体質で敏感な方は特に、ナルセのモデルハウス「香りの家」や「四季の家」の見学時にその違いに気づかれます。

無垢の木や自然素材による家づくりを徹底   隠れている場所まで本物の木材にこだわります

 

見えないところまで本物だから 「空気」の質が違います

モデルハウス「香りの家」を見る

モデルハウス「四季の家」を見る



 

しっかり乾燥させた木を厳選しています

もっとも、単に「本物の木を使えばいい」というわけではありません。均質な工業製品とは違い、自然素材である木は1つとして同じものがなく、時間の経過や湿度によっても変化します。そこが木の良さであり味わい深い点ですが、その分、用いる木を厳選する必要があるのです。

大切なのは、木そのものの質に加えて、木材を生産する際の品質や流通の管理です。なかでも生産過程で行う木の「乾燥」は、割れなどの狂いを抑え、材料強度を高めるために重要な作業となります。

ナルセの家では、ヒノキやスギの名産地として名高い三重県熊野に本拠を置く野地木材工業の木を構造材や下地材に使っています。野地木材工業の構造材は、機械乾燥した後に3カ月から1年をかけて天然乾燥させているのが特徴です。機械乾燥だけでは内部に割れが生じやすくなるため、じっくり時間をかけて木の含水率を低下させるのです。このように責任をもって管理された木材を使うところから、しっかりした家づくりが始まります。

なお、それでも湿度によって収縮するのが、無垢の木の宿命。乾燥する冬期、フローリングに隙間が生じるのはそのためです。裏返すとこれは、木が調湿機能を備えていることを意味しています。そんな自然の息づかいを感じられるのも、木の家ならではの楽しみです。

しっかり乾燥させた木を厳選    



ナルセの家には木の物語があります
    成瀬日出登 取締役 住宅事業部事業部長
成瀬日出登

代表取締役社長

自分たちの提供する家が、住まわれる方の体や心に少しでも良い影響を及ぼせるように。いつもそう願って家づくりに取り組んできました。

私自身、小学校高学年の時に完成した子供部屋を使っているうちに目が開かなくなったというシックハウス体験を持っています。今でも化学物質には敏感で、いわば人間探知機(笑)。ナルセの家の良さを一番実感しているのは私かもしれません。

日 本は森林の国です。特に愛知県は三重県や岐阜県など、身近な場所に良い山がいっぱいあります。春夏秋冬という四季をもつ日本では、同じ気候の下、高い湿度 のなかで育ってきた国産の木で家をつくるのが合理的。限られたエネルギーを大切にするという意味でも、輸送費が少なくて済む国産材を使うメリットは大きい のです。

山で育った木は、もともと野生の生物です。それが伐採や製材・乾燥といった工程を経て我々の元に届き、その後は職人が鴨居や敷居に するために手で加工していく。大勢の手と技術が加わることで、最初は野生動物のように荒々しかった木材が、最終的には滑らかな表面をもつ「人と暮らす道 具」になっていくのです。生産工程のあちこちにそうした物語が詰まっている木の家を、少しでも多くのお客様と共有していきたいと思っています。