ページトップへ
思いを支える現場の力

香りの家づくり

思いを支える現場の力

現場のコミュニケーションが
良い家づくりを導きます。

ナルセコーポレーションは、お客様が積極的に家づくりの現場へ足を運んでくださることを歓迎します。

なぜなら、現場には家づくりに対する会社の姿勢がそのまま反映されているから。家が完成した後は見えなくなる建物の骨組み、実際に手を動かす職人の技術と人柄、整理整頓している現場の状態…。細かいところまで手を抜かずにきっちりと仕事を進めるナルセの姿を、いつでもご覧いただきたいと考えています。

良い家づくりを進めるには、現場でのコミュニケーションが大切になります。工事が進むにつれて、図面の打ち合わせだけでは分からなかった細部のつくりが見えてきます。棚やコンセントの位置など、改めて気になるところが出てくるかもしれません。そんな時は、遠慮なく現場監督や職人に声をかけてください。その場で話をすればすぐに問題は解決しますし、ご質問にもお答えできます。

現場を見て気づいたことや不安を胸に秘めたままでいると、後々まで不満が残りかねません。気軽に話し合える関係を築くことが、満足できる家づくりの第一歩。建てて良かったと思っていただくため、ナルセはお客様とお話ししやすい現場の環境づくりを心がけています。

 

現場のコミュニケーション

お客様とお話ししやすい現場の環境づくり   お客様とお話ししやすい現場の環境づくり

 

 

家づくりを支えるのは、
手仕事を残した職人の誇り。

ナルセは、無垢の木や漆喰などの自然素材にこだわった家づくりを行っています。こうした現場で特に重要になるのが、実際に木を組み、素材を扱う職人の技術です。

ナルセでは、今でも現場の手作業を残しながら精緻な施工を行っています。骨組みとなる構造材は、プレカット工場で加工して搬入。その後、敷居の溝など見える部分の処理は社内の作業場で大工自身が手刻みし、現場に合わせて組み立てます。塗り壁も、左官職人が1つひとつ丁寧に仕上げていきます。それぞれの職人が技に誇りをもって行う作業が、心地良く安心できる住まいづくりを支えています。

近年は技能の高い職人が減り、工業生産する部材の比率を増やす工務店が少なくありません。合理的な考え方とも言えますが、技量を発揮できる場が少なくなると職人はさらに減少し、技術の継承が難しくなってしまいます。ナルセは、職人の技能を生かしていくことで、誇りを持った家づくりを引き継いていきます。

手仕事にこだわる職人の誇り   手仕事にこだわる職人の誇り

 

 

ナルセの工事管理は
自治体からも高く評価されています。

優れた職人の腕を存分に引き出して、より良い家をつくり上げていくことが私たちナルセの現場監督が担う役割です。工事全体のスケジュールに目を配りながら、品質や安全、コストを適切に管理していきます。近年はさらに、安全や環境に対する配慮がこれまで以上に厳しく求められるようになりました。お客様と良好なコミュニケーションを図りつつ、工事を統括する現場監督の力量が問われています。

ナルセコーポレーションは、品質保証(ISO9001)や環境マネジメントシステム(ISO14001)の取り組みにもいちはやく着手。第三者による評価を取り入れて、業務の改善と質の向上に努めてきました。

こうしたナルセコーポレーションの取り組みの成果は、発注者からも高い評価を得ています。例えば、公共工事には「工事成績評定」という仕組みがあります。施工体制、施工時の管理・安全の確保、出来上がりの品質、創意工夫や法令遵守といった項目について、発注した自治体が工事ごとに採点する制度です。この評定を基に毎年、安城市は市の発注した工事のなかから優良工事を選定します。平成20年度から27年度まで選ばれた優良工事は40件(19社)。このうち、最多となる8件の工事がナルセコーポレーションの仕事でした。

ナルセの家づくりでは、このように自治体からも高い評価を得てきた工事管理の担当者が現場監督を務めています。建築や土木の事業で築いてきた緻密な管理を行う家づくりが、お客様からいただく信頼の基盤になっています。

自治体からも高く評価されています  

自治体からも高く評価されています

安城市で高く評価されています

 

次は「家づくりの流れ」