ページトップへ

建設部門ブログ

  • 災害復旧工事

  • 2016/07/28(木) 土木部

 今回は今年の2月から着手しております現年災害復旧工事を紹介致します。

まずは工事担当者が、工事の施工計画を作成するにあたり、土木部職員で検討会を行ないます。問題点や注意点、工法等の案を出しあいます。

施工前検討会

工事着手前は護岸が傾いたり、壊れたりして堤防が侵食されていくような状態でした。抜粋して紹介致します。

護岸工事施工前写真

護岸工事施工前写真

護岸工事施工前写真

これらを部分的に復旧する工事です。

工事は川を部分的に仕切り、その中で行ないます。

工事中写真

堤防側の土砂が予想外に緩く、崩れてくる場面もあり苦労の連続でした。

崩れてくる土砂を止めて、何とかしのぎました。予想外の事でした。今後の参考となる事例です。

工事中写真

そして完了です。

完了後の写真

工事完了後の写真

工事完了後の写真

苦労して造り上げた構造物も半分以上が水と土の中です。その部分が大事な部分となって堤防を守っています。

発注者の検査、引き渡しにあたり、先日土木部の社内検査を行ない、現場や書類に不備が無い事を確認しました。

社内完了検査をしています。

来週、発注者による完了検査を受ける予定になっています。担当者はもう一頑張りです。