ページトップへ

建設部門ブログ

  • 熱中症への対策アイテム

  • 2019/06/24(月) 建築部

花の大温室改修工事です。

ほぼ全面ガラス張りの現場内は太陽の熱をしっかりため込んでくれます。

そのなかで作業するにあたって熱中症への対策が重要になってきます。

今回導入したものはヘルメットに装着できるタイプのWBGT計です。

このアイテムのメリットはそれぞれの作業員がそれぞれの作業場所での熱中症警戒レベルが把握できることです。

これからの季節、現場内ほぼすべてが熱中症警戒エリアになるでしょう。

そんな時に自分が作業している場所がどれだけ危険か意識しながら仕事をすることで

いつもよりこまめに休憩をとったり、長めに休憩をとったりと体調管理の目安になります。

建設業に限らずたくさんの場面で熱中症の危険は存在しています。

・身体に異変が出る前にこまめな水分塩分補給を行う・無理、我慢しない・熱中症の知識を付ける

このポイントを押さえてこの夏を乗り切りましょう!