ページトップへ

建設部門ブログ

  • 農水管埋設工事施工状況

  • 2018/09/26(水) 土木部

農水管の埋設工事を進めています。

6月始め、工事にかかる前の状態はこうでした。

9月下旬です。

①仮の水路を設置しました。(下の写真左右の青いシートの部分)

②仮設道路の部分に鉄板を敷きました。

③土留めの鋼矢板594枚を7月、8月に打ちました。

④地下水位を下げる為にウェルポイント121本を設置しました。

⑤5.5m掘り下げて、支保工を設置しました。

9月25日に埋墳調査(埋蔵文化財の調査)が有りました。(下の写真中央付近)

農道で以前の埋墳調査対象外だったとの事で、今回の工事で行います。

バックホウの腕を長くして5.5m穴を掘っています。

鉄の棒が邪魔だと運転手がぼやいています。

腹起し、切梁設置。支保工を2段設置します。

作業中の箇所の地下水を汲み上げています。

地下水の状況は?   19.3℃・・・冷たい(この日の外気温は38℃)

ちなみにウェルポイントの水は?  23.9℃・・・やや冷たい

じゃあ水路の水は?   26.1℃・・・気持ちいい

9月25日(火)の上記調査の様子です。

愛知県の担当の方と工事担当者との立会の元、調査を行いました。

結果は何も出てきませんでした。(文化財が出てきた場合は工事を一旦止めて更に詳しく調査します)

会社的にはホットしました。

でも、個人的には何かしら出てきてほしかったです。  出来れば、( ^ω^)・・・

工事はまだまだ続きます。                  担当:石原