ページトップへ

建設部門ブログ

  • 排水路築造工事 続編

  • 2018/10/05(金) 土木部

7月に紹介した排水路築造工事の続きです。

台付管φ700を埋設します。1本の重量は1.6tです。

管の高さと中心線を管理します。計画より2㎜高いですが、規格値は±30㎜なのでOKです。

マンホール施工のための土留材です。

この機械で掘りながら土留材を組立てて行きます。約4.2m掘ります。

機械で掘れないところは人力で掘ります。

水があるので過酷な作業です。

基礎工事が終わったらマンホールをクレーンで据付けます。

この部材は3.7tあるのでバックホウでは無理です。

マンホールの組立が終わりました。高さは約4mです。

マンホールと土留材の間にコンクリートを打設します。

地上から1.5m下まで打設しました。

仮の舗装をして完了です。しばらく放置して最後に削って舗装で仕上げます。

その日に埋められないので夜も交通規制しています。

台風の影響で色々大変でしたが無事にマンホールが設置できました。

諸事情により作業は2か月程度中断しますが、残りの作業も無事故で行いますのでご協力お願いします。

                              担当:水戸