ページトップへ

建設部門ブログ

  • 大型クレーンの解体/鹿乗川

  • 2018/07/18(水) 土木部

今回も釼持が主桁架設後の550トン オールテレンクレーンの解体を報告します

 

まず初めに、クレーン本体のカウンターウェートを解体します

総重量 127トンで 5ブロックに分割されるので、これをクレーン本体で

解体し、4台の大型トレーラーに積み込みます。

自重400トンを4本のアウトリガーで支える為に使用した敷鉄板2.5m×4.0m 厚=9cm 約6.7トンを

4枚 60トン ラフテレーンクレーンで大型トレーラーに積み込みます。

主フック (自重8トン)をブームから取り外します。

クレーンの組立・解体に重要なアイテム リフターの搬入です。

ここから、リフター本体がトランスフォームします。

リフター本体の下に550トン オールテレンクレーンがよッちらこ と入って行きます。

クレーン本体からブームが外され、リフターで吊り上げます。

ブームの長さは16.29m・重さは46.0トンです。

大型トレーラーにリフターで積み込みます

ブームの積込みが終わッたら、しばし小休止。

 クレーン本体に残ったメインシリンダー3本セットで長さは5.7m、重さは7.5トンです。

 再びクレーン本体が、リフターの下に侵入します

旋回台をリフターで吊り上げ、トレーラーに積み込みます

再びクレーン本体が、リフターの下に侵入します

旋回台をリフターで吊り上げ、トレーラーに積み込みます

最後に、活躍したリフターが自力でトレーラーに載って終了です。

メインブームは今晩9時出発。クレーンベース車旋回台は明日早朝4時出発です

午後9時に先導者を従えて現場を離れます

早朝4時に先導者を従えて現場を離れます。ご苦労様でした。

これで、クレーン解体のブログは終了です。