ページトップへ

住宅部門ブログ

熊本でたくさんの建物を見てきましたが、新しい耐震基準の建物は、損傷が少ないことがはっきりとわかります。

添付の写真も益城町の集落の中の家屋です。隣の区画の住宅は、全壊しているというのに。このような光景が多かったことが印象的です。

耐震の基準は、阪神淡路以降から改善され、建物の性能は向上しています。

基準に甘んじることなく、安全な設計と施工品質で命と財産を守れる建物を提供してまいります。