ページトップへ

住宅部門ブログ

ボランティア活動でご縁のあった方が取り組まれた昭和区の学童保育施設の完成見学会へ参加させて頂きました。

県産材及び板倉工法を採用された施設で、以前のプレハブだった頃と比較すると子供たちの行動の変化が目に見てわかるそうです。新しい取組ではありますが、納材をされた額田の材木屋さんの言葉に「これが特別ではなく、当たり前になって欲しい。」という言葉の重みに心を動かされます。

コツコツですが歩んでまいります。