ページトップへ

住宅部門ブログ

先日、10年以上乗って来た車を変えました。

自分たちが好きで購入した車だったので乗り続けてきましたが、ブレーキパッドやファンベルトなど様々な部品の交換が必要になり、何より雨が漏り始めたのでそろそろ寿命なのかと、決算時期ということもあり決断しました。

車を取りに行き手続きも済んで新車に乗って帰ろうとすると息子が帰りたくないと言い出すので理由を聞くと、
今まで乗ってきた車を置いて帰りたくないとのこと・・・。

困った・・・。

それから延々と車を変えなければならない理由を伝え渋々納得してくれました。

 

トヨタ自動車の豊田章男社長が仰ってた言葉に
「どんなにクルマが進化したとしても「愛」のつくモビリティであり続けたい。」
とあります。

10年以上ずっと乗ってきた車は、私たちにとって「愛」のつく存在だったのだと改めて教えてくれました。

 

そして、新車ということで車のお祓いにも行きました。

これからの安全祈願と息子に神社とは何をするところか経験させる良い機会というのが理由です。

これからも「愛」を大切にいろいろな経験をして大きくなってくれたらと思います。

 

私たちのテーマも「愛」

これが間違っていないことを教えていただく良い機会でした。

感謝。