ページトップへ

住宅部門ブログ

先日、仕事中に「補修」とパソコンで

記入する場面がありました。

ふと、「補修」と「修理」の違いって何だろうと

思い、調べてみました。

 

記事を読む中で面白い違いを発見。

補修、修理以外にも類義語がありました。

 

修理…故障や欠陥の生じた機械・車などに

手を加えて、正常な機能を回復すること。

 

修繕…まだ使えそうな機器・家具や、

建物・車・衣類などに手を加えて、

本来の機能を回復させること。

 

修復…こわれた所や不完全な部分に手を加えて、

元どおりの形・状態(機能を発揮出来るもの)にすること。

 

補修…いたんだ所を補い直すこと。

 

私の使っていた「補修」は

補う=埋め合わせることであり、

何か他のもので補って直したのでは

なかったので、この言葉は間違っていました。

 

さらに詳しく調べると

愛知で有名なトヨタ自動車では

「修繕」と「修理」の違いを

はっきりさせていました。

 

「修繕」は繕(つくろ)うだけ。

機会が故障したときは、

応急措置だけを施してすぐに動かしてしまう。

真因(故障の真の原因)を潰していないから、

故障はすぐに再発する。

 

「修理」は、真因を取り除いて、

二度と同じ故障が起こらないように

することをいう。

だから不具合が出たら、

その機械を徹底的に

「修理」してくださいと指導している。

 

トヨタで使われている違いは

もっとわかりやすく、納得がいきました。

 

これらを読んで私が使いたかったのは

「補修」、「修理」でもなく「修繕」

だということがわかりました。

 

今後は直すということに対して

どの言葉が一番ふさわしいのか

選んでいきたいと思います。

 


 

ナルセコーポレーション各SNS

随時更新中…

アカウントをお持ちの方は

是非フォローをお願い致します☺

↓画像クリックでページにとびます

 インスタグラムアカウント

 

 フェイスブックページ

 

 ピンタレスト公式アカウント

お客様の楽しい家づくりのお手伝いが出来る様、
情報を発信していきます!