ページトップへ

住宅部門ブログ

今週土曜日まで豊川で蜷川実花展開催しております。

先日絵をかく事が好きな我が家の姫に、彼女の作品画像を見せながらデートのプレゼンをしましたが玉砕したので、40過ぎのおっさん1人お休みに行ってきました。

大昔TVのドキュメンタリーを見て感化され、『さくらん』が先か『ヘルタースケルター』が先か忘れましたがTUTAYAに走ったのを思い出しました。

最近建築主さんとのふとした会話の中から、両親(双方の)へのありがたみを感じる年齢になってきましたが、彼女の作品の中で父親への想いの言葉がありそこで少し立ち止まっていました。

「本当に誰だっていなくなるんだ。こうやって生命がつながってきたから、私もここにいるんだ。生まれて、死んできたから、今ここにいるんだ。」

バタバタ生きていると忘れてしまいがちですが、考え感じそばに存在してくれているのは本当にありがたいことです。

ありがとうございます。