ページトップへ
暮らしから描く自由設計

ナルセの家づくり

暮らしから描く自由設計

「本当にそれでいいの?」
考えるところから始めます。

お客様の暮らしぶりに合った、家族が楽しく過ごせる家。そんな住まいを実現するための秘訣は何でしょうか。

家づくりに当たって、お客様にはそれぞれ思い描く住まいの姿があるでしょう。◯畳のリビングに◯畳のキッチン、2階には◯畳の子ども部屋をつくって…。
でも、本当にそれでいいの? そんな疑問をぶつけることが、暮らしやすい家づくりの出発点になります。

例えば、「子供も大きくなって来たし家を建てよう」と考えるお客様はたくさんいらっしゃいます。でも私たちはまず、「夫婦が仲良く暮らせる家をつくりましょう」とお話しします。今はまだ小さい子どももあっという間に成長し、やがて巣立ちます。ご夫婦が家で過ごす何十年という時間に対して、子育ての時期は意外に短いもの。せっかく立派な子ども部屋を用意しても、子どもの独立後、物置のようになっている事例を私たちはたくさん見てきました。

そこで私たちがお勧めしているのは、子ども部屋を小さくして、その分共用スペースや夫婦の空間を充実させる間取りです。子どもは環境に順応するのが上手ですから、部屋が小さくても柔軟に使いこなします。リビングが広くて気持ち良ければ皆が集まってくるので、家族のコミュニケーションも密になるでしょう。

 

「本当にそれでいいの?」と 考えるところから

 

 

小さく、コンパクトに…
間取りづくりは「引き算」がコツです。

間取りを考える際に、もう1つ意識していただきたい点があります。

それは、建物をできるだけ小さくすること。必要な部屋や機能を整理し、そぎ落としていく作業が結果的に満足のいく家づくりに結びつきます。

欲しいと思っているスペースをどんどん足し合わせていくと、家の面積はみるみるうちに膨れ上がります。建物の面積はそのまま工事費に反映されるので、住宅ローンを利用した場合には住み始めてからの負担が大きくなります。家は、より幸せな生活を送るための器に過ぎません。希望に満ちた新居での生活が、ローンによっていろいろな我慢を強いられてしまうようでは本末転倒です。

こうした状態を防ぐために大切なのは、「何のために家を建てるのか」を再確認することです。これだけは実現したいという要素を生かし、優先順位の低い要素をそぎ落としていく。そんな作業によって、コンパクトでも心地良く生活しやすい家が生まれます。

間取りづくりは「引き算」がコツ   間取りづくりは「引き算」がコツ

 

 

本当の広さと使い勝手
間取り上の「◯畳」とは違います。

もちろん、狭苦しい家になってしまったら気持ち良く過ごせません。ただし、間取り図で見た時の何畳という広さは、体感する空間の広がりとは必ずしも一致しないもの。面積は小さくても、いかに広く感じる空間を生み出していくか。それが、われわれプロの腕の見せどころです。

例えば、吹き抜けを持つリビングを家の中央に据え、2階に上がる階段を設置する。吹き抜けや階段を介して、2階の子ども部屋や書斎スペースとのつながりを生み出す間取りです。高さのボリュームがあるため面積以上の広がりが生じ、家のどこにいても家族の気配を感じられます。吹き抜けがあると冷暖房代がたくさんかかりそうですが、心配はご無用。エアパス工法を採用している香りの家は、家全体を断熱材でくるんだうえ、外壁内に2つの空気層を設けているため夏も冬も家全体がほぼ同じ気温で保たれます。

「8畳のリビングは狭いのでは?」と思うお客様も、モデルハウス「四季の家」にお越しいただければイメージが変わるでしょう。大きな吹き抜けで1、2階が結び付き、天井の高さを変えたダイニングとキッチンが連続した間取りは、畳数以上の広がりを備えています。

また、同じ面積の部屋でも形によって広さの感覚は異なります。リビングでは、家具やテレビのレイアウトによって使い勝手や広さの印象が左右されます。

ソファの後ろを通るなら十分な広さを確保しなければなりませんが、かといって広過ぎると無駄な空間が生じます。同じ面積ならデッドスペースをなくして隅々まで活用できる間取りとすることが広さを感じさせるポイントです。私たちは新居に置く家具類をお聞きしながら、畳数という目先の広さにとらわれず、体感上の広さと使い勝手を兼ね備えた暮らしやすい間取りをご提案します。

  本当の広さと使い勝手

 

「それいいね」と思っていただく
そんなご提案をするのが役目です。

家は一生に一度の高いお買い物。だからこそ家づくりを楽しんでいただきたいと思いながら、日々設計の提案をしています。

実は私自身、ナルセの建て主でした。当時は別の設計事務所に勤めていて、自分の設計で家を建てようと計画したのです。施工してくれる工務店を探す過程で巡り合ったのがナルセコーポレーション。「私の設計で建ててほしい」と伝えると身構える工務店が多いなか、ナルセの営業担当だった平岩裕治は、すぐに「やりましょう」と乗り気になってくれた。ここで家をつくると楽しそうだと感じ、お願いしました。実際に家を建てる過程を楽しみましたし、出来上がった家の住み心地にも満足しています。夏でも夜はエアコンなしで過ごせて、湿気にも悩まされません。

その後、縁があってナルセコーポレーションに入社しました。私自身ナルセの家の良さを知っていて嘘がないから、楽しく仕事に取り組んでいます。

ご提案する際には、住み手の視点に立って「自分ならどうするかな」と常に考えるようにしています。お客様の話をお聞きしたうえで、お客様も気づかなかったようなその先のことまで検討する。「じゃあ、それでいい」ではなく「あ、それいいよね」と思っていただける提案をしていくように心掛けています。

  青山晋 設計部長
青山晋

事業部長

 

青山晋の自己紹介を見る

 

次は「二人三脚で楽しい家づくり」