ページトップへ

ナルセの家

木を育み、木に育まれる


木を育み、木に育まれる

日本は木の国、森の国。日本の国土は約7割が森林であり、木とは密接に関わり、生きています。その土地の気候風土で育まれた木で家を建て、毎日暮らしていく。それが一番自然な暮らし方ではないでしょうか。

ナルセコーポレーションは、地域産無垢材である紀州杉、紀州桧を使用しています。紀州杉は、色合いがよくつやがあり、素直な木で狂いが少なく、耐久性や強度に優れています。紀州桧は、油脂分が多く桧独特の香りがし、美しい木目を持ち、耐久性や強度に優れています。

目に見える造作材にはもちろんのこと、目に見えない構造材部分にもこだわり、地域産無垢材を使用しています。細部にまで妥協を許さない、本物の木造りの家を感じてみませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木材の性質

 

木には多くの特徴があり、それは人にとって都合のいい点があれば、悪い点もあります。それは木が生きている証拠でもあり、無機物な素材では感じることができない魅力的な部分となっています。

木は柔らかく温もりがあるため、肌触りが気持ちよく感じられます。また、木は高い断熱性能や調湿性能を有しているため、室内環境を整えるのにも一役買っています。特に、木材は良い香りを放ち、その香りにはリラックス作用があります。

木の短所としては、生きているため、材質が一定ではなく、湿度・温度によって木が収縮・膨張などして変形が起こってしまう。こうしたひずみや曲りを抑える為、家づくりに使用する前に一定期間乾燥します。乾燥することによって、変形の抑制だけではなく、木材の強度の強化にも繋がります。