ページトップへ
二人三脚で楽しい家づくり

ナルセの家づくり

二人三脚で楽しい家づくり

大らかな信頼関係の下で
建てて良かったと感じていただけるように。

ナルセコーポレーションの家づくりの進め方は、一般的なイメージとは少し違っているかもしません。

家づくりを考える方の多くは、まず総合住宅展示場などのモデルハウス巡りをされるでしょう。きれいに整えられたモデルハウスでは、建物の仕様やオプションの設備など、詳しい説明を流ちょうな語り口で説明してくれるはずです。

一方ナルセでは、モデルハウスにお越しいただいたお客様に向けて、ご質問がなければ家の説明にそれほど時間を割いていないかもしれません。なぜなら、ナルセのモデルハウス「香りの家」と「四季の家」の室内に一歩入れば、空間の気持ち良さを肌で感じていただけるから。無垢の木と自然素材がもたらす空気の清涼感や、吹き抜けで1・2階がつながった広がりの心地良さは、言葉がなくてもご体感いただけます。

ではナルセはモデルハウスにいらしたお客様に、建物の説明のほかに何をしているのでしょうか。それは、お客様との信頼関係を築くための足がかりをつくることです。

モデルハウスに来られるお客様は、どの住宅会社に依頼するかを慎重に検討されている方々です。設計や工事はもちろん、入居後のアフターフォローまで安心して委ねられる会社かどうか。きちんと見極めていただくためにも、私たちは初めてお会いした時から本音でお話しさせていただきます。私たちが家づくりで大切にしていることや、お客様に考えていただきたいこと。率直な会話を通して家づくりの根本となる部分を共有していくことが、良い家づくりの第一歩になります。

知名度や建物スペックの面では大手の住宅メーカーに及ばないかもしれません。でもそれだけにナルセは、お客様との信頼関係を大切に、建てて良かったと感じていただける家をご提供したいと考えています。 

ナルセのモデルハウス「香りの家」  

ナルセコーポレーションのモデルハウス 「香りの家」

ナルセのモデルハウス 展示場

ナルセのモデルハウス「香りの家」について詳しく

ナルセコーポレーションのモデルハウス 「四季の家」

ナルセのモデルハウス「四季の家」について詳しく

 

 

   

お客様のペースに合わせて
じっくり話を進めます。

家を積極的に売ろうとしていないのでは?

ナルセではお客様から、冗談混じりのそんな声をいただくことがあります。実は、これはとても的を射たご指摘かもしれません。というのも、私たちは規格化された商品住宅を「売る」のではなく、暮らしの場となる家をお客様と一緒に「つくり上げ」たいと考えているからです。

満足できる家づくりを行うには、お客様ご自身が納得しながら作業を進めていくことが大切です。そのためナルセでは、モデルハウスに来られた後の「前のめりな営業攻勢」はしていません。間取りのご提案をした後も、その先の打ち合わせを急ぐことはありません。お客様のペースに合わせて話を進めます。

お客様ごとに状況は違います。素早く話が進む場合は最初の出会いから数カ月で契約に至るケースもありますが、お客様によっては途中でじっくり検討されるために数年がかりになることも。急がば回れ。そのほうがお客様にとって満足度の高い家へと結びつくでしょう。

じっくり話を進めます

 

 

 

「自分たちのためを思って考えてくれた」
そんなお声が嬉しいです。

家づくりに際しては、まず営業担当者がお客様の話をじっくりお聞きしたうえでラフプランをご提案します。お客様のご要望やご予算を反映しつつ、やがて基本設計や実施設計へと進みます。ここで私たちが心がけているのは、単にお客様のご希望をそのまま形にするのではなく、住み始めてから「本当に良かった」と思っていただくためにプロとしてのご意見をぶつけることです。

私たちはしばしばお客様に、何のために家を建てるのですか? 本当にそれでいいのですか?という問いかけをします。こうしたやり取りを通して、暮らしに対するお客様自身の「夢」の優先順位を整理し、計画のぜい肉をそぎ落としながら、できるだけコンパクトで暮らしやすい家を目指す。それが、生活を始めてからのお客様の負担を減らし、満足度を高める家づくりにつながると考えています。

「本当に自分たちのためを思って考えてくれた」。そんなお客様の言葉に触れると、心から良かったなと思うのです。

満足度を高める家づくり   楽しい家づくり

家づくりの流れを見る

 

地元密着の会社だからこそ、自信をもって話せることをお伝えします。

私たちがいつも目指しているのは、家族が仲良く暮らしている家。お客様とは、こうした根本を踏まえてお話を進めていくようにしています。地元密着の会社だからこそ可能な大らかで深いお付き合いを通して、家づくりを楽しんでいただければと思います。

住宅会社選びでは、窓口となる営業担当者の人柄や相性がカギとなる場合が多いかもしれません。もちろんそれも大切ですが、住宅会社の営業担当者は何年かすると入れ替わることが多い。私はむしろ、その背後にある会社自体を見ていただきたいとお伝えしています。

その点、ナルセコーポレーションはご安心いただける会社だと胸を張って言えます。100年近い歴史があり、跡継ぎがしっかりいる。少なくとも私が入社して以来の約10年は財務状況も安定しています。これらは、私自身が自信を持ってお話できることなのです。

ナルセの家の良さは、電気エネルギーをできるだけ使わずに家全体が夏は涼しく、冬は暖かいという点にあります。でも、こうした価値は実際に住み始めてからでないと本当に実感いただくのは難しいものなので、ご質問を受けないかぎり私から特に詳しくご説明してはいません。暮らし始めてから「お値打ちものの買い物だった」と感じていただければそれでいい。まずはもっと大切なことを、お客様と共有していきたいと思っています。

  平岩裕治 営業部長
平岩裕治

営業部長

 

平岩裕治の自己紹介を見る

 

次は「思いを支える現場の力」